人生は、サーフィン

出典 birgarolsen.com

 

すべては、ただ起こっている。

 

思いも、

考えも、

行動も、

 

思いを打ち消すのも、

考えを変えるのも、

行動するとかしないとかも、

 

何かしようとしたけど、

やめた、

 

何かしようという気持ちが起こって

やめるという行動が起こった。

 

 

わたしに出来ることは何もない?

 

そういう考えも起こり。

 

 

ぶんぶん (>_< )Ξ( >_<)

 

起こることすべてが、わたし。

 

そういう考えも起こる。



わたしが起こしている、という説もある。

 

そういう考えも起こっている。

 

 

そしてそれが真実だと思う気持ちも、

起こっている。

 

 

起こる全てが、

起こるその人にとっては真実。

 

Yes という考えが起これば、

Yesが真実。

 

ちがうという考えが起これば

ちがう、が真実になる。

 

起こるがままにさせておく?

 

起こるがままにさせておくのも、起こり、

変えようとするのも、起こり。

 

 

わたしは、何もできない

のか

わたしは、何でもできる

のか

 

どっちの考えが浮かんでも、起こりであり、

起こった人にとっては現実。

 

何もできないのは嫌だという抵抗も、起こり。

 

抵抗によって苦しいと感じるのも、起こり。

 

 

もうね、何が起こっても、

起こりの波に乗って、サーフィンするんだよ。

 

人生は、波乗り、

 

起こりという波に乗る、サーフィン。

 

こんな波っ!  って否定してる間に、ドボンするでしょ?

 

たまには、ドボンも楽しいけどね。

 

とりあえず、

どんな波がきても、

乗るしかない。

 

で、

乗るのも、起こりで、

ドボンするのも、起こり。

 

 

いろんなことは、波のように起こり、

消えては、また起こり……。

 

 

サーフィンは、考えてちゃできない

 

ブルース・リーも言っている、

考えるんじゃなくて、感じるんだ。

 

 

よっ

 

ほっ

 

やっ

 

と、考える前に波に乗る。

 

 

ん~~

考えるのも、起こるんだけどなあ。

 

 

どうしよう!

 

 

ひゃあ、どうしよう、が起こった~~!

 

 

乗ってけ乗ってけ乗ってけサ~フィン(古っ)

 

 

わたしたちって、起こりの中をサーフィンしている。

 

どんな風に波に乗るか、くらいは、

選べるんだろうなあ。

 

ああ、でも、

それも起こりなんだろうなあ。