ダメで、すてき!

 

アッツ~い夏だったのが、

なんだかここ数日涼しくて、

 

実家のある町では、

エアコンが要らなかったよね~と

話しが飛び交っているとかいないとか。

 

で、

 

「気温がいきなり下がって、夜が冷えるから

気を付けないと風邪ひくから ウンヌンカンヌン。

着るものちゃんと着て、うっかりしたらだめよ、ウンヌンカンヌン」

 

と実家の母から電話がかかってきた。

 

 

ヾ(。`Д´。)ノ うるさ~い!

 

 

となるか、

 

 

v(。・ω・。)ィェィ♪ 気にかけてくれてありがとう!

 

 

となるか。

 

 

わたしはどっちだったでしょう。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

じゃなくて。

 

v(。・ω・。)ィェィ♪ 気にかけてくれてありがとう!

って人は、

素直でよろしい、という話、でもなくて。
 

 

ヾ(。`Д´。)ノ うるさ~い!

ってなったとき、

 

 

何か心配されるほど、わたしって頼りない?

 

何か心配されるほど、わたしって抜けてる?

 

こんなに心配されるほど、わたしって、ダメ人間?

 

 

みたいに、思ってて、

 

ヾ(。`Д´。)ノ  うるさい、うるさいっ

そんなこと言われなくても分かってるわい  となることが判明。

 

いえ、以前から自己否定とか、

いろいろな面で改善されてきてるんだけど、

 

気イ~抜いているときに、ひょっこり出てくるんだよね。

 

まだ、あるんだね~~~。

 

 

で、ヾ(。`Д´。)ノ  うるさい、うるさいっってなる

これって、実は、

 

自分は素晴らしいはずだって思ってるから

素晴らしくないって言われたら腹立つってことなんだけど、

 

その心の奥は、

やっぱり、

 

素晴らしいと自分では思えていない。

根深い自己否定があるみたい

 

なんだよね。

 

だから、母の言葉を介して、

 

伝えてくるわけだ。

 

自分の本音を。

 

いやいや、母は、ダメ人間だから・・・なんて微塵も思ってなくて、

単純に気づかってくれただけ、だったとしても、

 

素晴らしいと自分では思えていないときには、

ダメだと言われているみたいに伝わってくる、聞こえるんだね。

 

 

 

まだまだ、母に言われると、ダメなわたしが顔を出す。

 

ってことは、まだまだ、ダメな自分って思ってるんだな。

 

で、

自分は素晴らしい! なんて

アファーメーションを始めたりしてたんだけど、

 

 

そんなのは、必要な~~~い! んだね、ほんとは。

 

素晴らしいのが良いって思ってるだけだから。

 

素晴らしいのが良い、ダメは悪いなんて、

ただの概念だから。

 

ダメとか、素晴らしいとか、関係ないし。

 

ダメなところがあっても、それ、個性だし。

 

もちろん素晴らしいならそれも、個性だし。

 

どっちもすてきなんだよね。

 

 

 

ほんとうは素晴らしいのに! って

思いたい。

のに、ダメみたいに人に言われて

ヾ(。`Д´。)ノ

ってなる。

 

自分でダメって思ってるところを突っつかれて痛い。

 

そんなときは、

ダメ が ダメだって思ってることに気付いて

 

ダメがダメって思ってるよ~って笑って( ´艸`)

 

それ、概念だから、捨てよう。

 

 

なんか自分を否定して辛いとき、

 

いけないのは、

いけてないのは、

変えなくちゃいけないのは、

 

ぜったいに

あなたやわたしじゃなくて、

 

概念の方だからね。

 

 

 

ダメも、すてき!

すばらしいも、すてき!

 

わたしはダメで、す・て・き、なんだいっ!

 

 

 

 

 

愛してるよ~! ㄘゅ ( *¯ ³¯*)♡