自分を大切に(愛)していく中で

 

日々自分を大切にしているか、と意識していると、

 

「なかなか~ない」という癖に気付いた。

 

身近なところでは、

バスがなかなか来ないなあ、とか

お湯がなかなか沸かないなあ、とか

荷物がなかなか届かないなあ、とか

 

そのほか、自分に関しても、いろいろ。

 

なかなか書けないなあ、とか

なかなか認められないなあ、とか

なかなかやる気にならないなあ、とか

 

短縮すると、

遅いなあ、

できないなあ、

成れないなあ

みたいなことで、

 

もう、めっちゃ、「ない」ことに意識を集中!

 

んでもって、

 

その後ろに、「どうして?」「なんで?」

なんかが付くこともある。

 

どうして届かないの?  なんか、問題でも?

 

疑問、ならまだしも、疑いに近くなっていないか?

 

これも、「否定」に意識を集中中! ってことだよ。

 

 

不安やら、イライラやら、不穏なエネルギーが続出

オーマイガー!

 

 

「なかなか~ない」という言葉を隠れ蓑にして、

「無い」という意識と

「否定」の意識が、百鬼夜行を繰り広げている。

 

うっかり、というか、何気に使っていることにびっくり。

 

「なかなか届かないなあ」

 

うん、今は、ただ、届いてないだけだよ。

 

なかなか、も、どうして、も、いらない。

 

そう、「今」ではない時間経過とか、

今そうであることの「理由」だよね、

 

それらは、安らぎや幸せには必要ない。

 

 

ただ、手元に、今は届いていない、だけ。

 

なかなかそうならない

は、

ただ、今は、そうなってないだけ

 

 

この違い、大きいと思ったんだ。

 

 

世界は、今、ただ、そうなだけ。

 

 

 

 

 

どんなきみも愛してるよ。