創造のからくり

 

友達が、

以前、とってもしつこい皮膚病を治した

という話を聞かせてくれた。

 

歯がね、銀歯だから駄目だって思って、

銀歯を全部セラミックに変えて、

 

そしたら、すっかり皮膚病が治っちゃったんだって。

 

 

(銀歯がどうこうという内容ではないので、

誤解のないように)

 

 

信じたから、治った。

 

銀歯が悪い → 銀歯が無ければ良い → 銀歯を取る → 治る

 

これを信じたから、治った。

 

 

それが、この世の創造のからくり。

 

例えば銀歯ではなく、食べ物を変えたとしても、

友達の皮膚病は、たぶん治った。

 

心から信じたならば。

 

 

 

そして、もっと信じがたいことを言うと、

信じたから治った、というのは、ただのストーリーで、

 

信じたことと、治ったこと

 

このふたつには、まったくつながりがないみたい。

 

 

ほんとうは、ただ、整えば、治る。

 

整うのは、全世界、全宇宙との調和。

 

銀歯を取り除けば治ると信じたとき、

彼女は光りを見、

その光によって彼女の精神は、とても安らいだ。

 

安らぎ、それは調和……。


銀歯がなければ治ると信じる 

~ 銀歯が無ければ当然治ると知っている 

~ 銀歯が無ければ治っているのが当たり前 

~ 銀歯が無ければ皮膚病じゃなかった 

~ なんだそうかぁ 

~ 安心

 

信じる、それは安らぎ、そして調和。

 

それが創造のからくり。

 

 

でもね、ここのこの「銀歯」って、ほんとうに意味ある?

 

~ 当然治ると知っている 

~ 治っているのが当たり前 

~ 皮膚病じゃなかった 

~ なんだそうかぁ 

~ 安心

 

これならば、どうよ。

 

 

悪者を創り出す必要なんかないじゃないか。

 

安らぐために、戦う相手を見つける必要はないってこと。

 

 

治す

それは、悪いものを削除することではないということ。

 

たとえば人生が良くなることも、

何か悪いものを、自分の人生から削除することではなく、

(人とか、物とか、居場所とか)

 

ただ宇宙の調和を感じ、整うこと = 安らぐこと。

 

 

 

ただ、安らぐことは、思考にとってはとても難しいらしい。

 

何かをしなければならないと思っている思考、

何かができると思っている思考、

何かができなければ、存在価値が無いと思っている思考、

 

そんな思考が、悪いものをでっち上げ、

努力して、排除して、存在意義を得る。

 

 

 

弱い私は、思考に乗っ取られ、

安らぐために、

何か悪ものをみつけ、それを取り除けば良くなると信じて、

取り除く努力をして、

価値? 存在意義? 

そんなものをてにいれようとしてきた、

そんな気がします。

(何かを変えようとしたり、変わろうとしたり)

 

努力の結果、とか

成し遂げた、とか。

 

でも、

何かが悪い、何かを変えなくちゃ、っていうのは、

人のせいにすることと同じ気がする。

 

 

自分の人生は自分で創っている、のであれば、

 

その生き方とは、かけ離れた、ほど遠い所で生きていたってことになる。

 

 

何かを変えようとする努力は、

調和の流れに逆らっている! 

 

 

悪いものを見つけたり探したりやっつけたりしなくていい、

 

ただ、今のままで、

何があったって、何が居たって、どんなところだったって、

 

大丈夫、と安らぐだけでいい、

 

しあわせになるために、安らぐために、

何かをしなければならないこともないし、

何かができなくたって、いい!

 

 

ただ、安らぎで居る。

 

安らぎで在る。

 

すべてはうまくいっているのだから。

 

 

愛してるよ。