祓いたまへ、清めたまへ~

 

昔、おばあちゃんが、

ここの前を通る時は、手を合わせるんだよと言っていた、神社。

 

ワルイモノから守ってくれるから。

 

子供の頃には、

ワルイモノと言えば、

幽霊とかお化けとか、怖いものの類だった。

 

わたしは、夜そこを通りかかったときなど、

お化けが付いてきませんように、と

「あい、あい」していた。

 

ワルイモノを遠ざけてくれる、

怖いものを追い払ってくれるから。

 

 

しか~し…。

 

 

ワルイモノって何だろう。

ワルイモノって何だろう。

ワルイモノって何だろう。

 

三回言ったね。

 

 

ワルイモノって、怖いもの。

 

怖いことが起こったり、

怖いことを言われたり、

怖いことをされたり、

怖いことに遭ったり。

 

 

そうか、

怖いもの、怖いことを

ワルイモノ「悪」って言うんだ。

 

っていうことは、

怖いものが無くなれば、

この世にワルイモノ「悪」はなくなる。

 

 

なるほど~。

 

神社って、

自分に憑いてくる

ワルイモノ「悪」を

祓い清めるんじゃないんだ。

 

 

怖いものがあるっていう

この世の最大の勘違いを

 

祓い、清めてくれるんじゃないかな。

 

 

祓いたまへ、清めたまへ。。。

 

 

怖いものがあるという、わたしの心を、

 

怖がりのわたしを、

 

祓いたまへ、清めたまへ。。。