断捨離で見つけたもの

 

また手に入れられるものは、手放していいんだよ。

 

断捨離中にかかってきた電話で、母が言った言葉。

 

わたしがあげた「もの」もね、

取っとかないでいいんだよ。

 

母にもらった「もの」は、

もちろん二度と手に入らないものではないかも知れない。

 

でも、母から二度、もらうことはないだろう。

 

それでも、

 

「もの」は違っても、

母がくれるのは、いつも同じ「心」だ。

 

「もの」は手放しても、「心」は手放せない。

 

「もの」はちがっても、同じ「心」が届く。

 

 

それにね、

 

また手に入れられないと思うとき、

 

なぜだろう? と考えると、

 

とても悲観的な考えが浮かんでいる。

 

 

でもね、わたし、

 

未来は、そんなに閉じている?

 

 

執着は、

 

二度と手に入れられないと信じていることなんだね。

 

 

自分の未来にそれ以上のものがやってくることを

 

拒むことになる。

 

 

 

最高のものが、やってくる。

 

そういう感覚に身を任せてみる。

 

 

やってきたものが、最高だと思える、

 

そのしあわせに身を任せてみる。

 

 

 

 

断捨離、

 

自分の可能性を見つける