進めないとき

 

好きな道のはずなのに

好きなことのはずなのに、

 

前へ進めない、

 

ものごとの進展が見られない

 

結果? はぁ? でませんよ。

 

 

そんなときはじっと耳を澄ます。

 

違和感に。

 

焦り、

なんかおかしい感じ、

 

それに気づかない振りをしていないか?

 

 

だって、好きなことだから、

これで何かを達成したいから。

 

でも、それは執着かもしれない。

 

 

たしかに、

好きなことをしていると思っているのに、

 

好きなことではないのかも? 

という気付きは、ちょっと恐怖。

根底が、くつがえるような不安。

 

 

でも、進まないのは、確か。

 

そんな時は、

 

好きなことは、間違っていないのかも知れない。

 

でも、ちがうのかも、といったん手を放す。

 

そうすると、好きなことが違っていたんじゃなくて、

 

内容、好きなことで表現しようとしてる中身が、

 

ちょっとずれていることに気付くかもしれない。

 

 

同じように、しあわせをテーマにしていても、

 

しあわせになる方法を伝えることと、

 

しあわせを表現すること、

 

のちがい、みたいな。

 

あれ、余計分かりにくいかな。

 

 

 

ずれ、微調整することで、めっちゃ幸せ度増します。