愛だよ、愛

f:id:towa-nakajyo:20180718211005j:plain

愛だよ、愛
かつてこんなコマーシャルがあった。
今、つくづく、愛だと思う。

 

愛を知ってる?
愛を生きてる?

 

完璧に愛で生きている人、いるかも知れない。

 

自分を愛しているか、と問いながら毎日を生きていると、

いろんなところで、自分にダメ出ししている。

 

ダメ出ししている自分に、ダメ出ししてちゃ、

元も子もないからね

 

ダメ出ししてるわ~、で済ますけど。

 

ふとした思考が、もうそうなっている。

こんなことして、(考えて)だめだなあって

 

もっと○○しなきゃ

 

しといた方が良いから、しようか 

(オイオイ、やりたいからするんじゃないのか?)

 

こっち食べたいけど、これ食べた方が良いよね

 

自分のすべてを許し、愛するって、

慣れないうちは

重箱の隅をつつくような作業だよ、これは。


さてさて、

カップが割れて悲しくなった時、
それでもわたしは、愛の中にいる。

 

カップが割れることも、愛

悲しい気持ちになるのも、愛

破片で指を切ったとして、それも、愛

痛い、という感覚も、愛

あなたが、なんてこった! と思うのも、愛

あの人が、ごつんとわたしの頭を殴るのも、愛

痛いやんか、と怒るのも、愛

殴り返すのも、愛

あなたを愛してると言うのも、愛

そう言いながら浮気をするのも、愛

そう言いながら、去っていくのも、愛

悲しくて泣くのも、愛

 

そういうこと、体験できることが、愛


すべてが愛
そしてあなたが愛


あなたが愛されていること、

あなたが愛の中にいること

あなたが愛そのものであること

愛以外ではいられないこと

愛から外へは出られないこと

 

愛とは何一つ例外なく

すべてが存在していいということ。

 

自分を本当に愛しているかな?

そういう愛から自分を見たとき
ほんとうに自分を愛してるかな?

 

今のままではダメ、だから

何かになろうとしたり、

何かをしようとしたり

これ、自分を愛してないから。

 

何かになろうとするとき、

何かをしようとするとき、

意識してみる

 

難しいんだよね、ここの表現は。

 

何かになるために頑張るんだけどね、わたし。

何かを成そうとして頑張るんだけどね、わたし。

それが愛から生まれているか、意識してみる。

 

自分は自分のままでOK、

今、どんな自分でも、

今、何をしていても、

今、何を考えていても、

OK

それが愛のスタートだから

 

でも、今までに書いたことぜんぶ、

できていなくても愛だから

 

すべてが存在を許されることが、愛だから。

 

 

 

 

ぼくはきみを愛している