100%の愛でできた、きみ

f:id:towa-nakajyo:20180718152245j:plain

 

ぼくは100%の愛できみを創った。

ただ、ぼくと同じ完璧さで創ったって面白くないだろう。

 

だからきみはぼくと違って、

少し「足りないもの」でできている。

 

足りないままのきみで、
きみはおれの愛(願いや望み)を経験していく。

 

きみ自身で叶えられることは、全身全霊で取り組め。
それがきみの仕事だ。

 

だけど本来足りないものであるきみが、
ひとりでは叶えられないものを願ったり、
経験したいと望むことがある。

きみがどんなに全身全霊で立ち向かっても
満たせないことが出てくる。

 

そのときは助けて欲しいと叫べ。

きみの足りないものを余して生きている誰かが、必ず現れる。

 

ぼくは必ず100%の愛で応える。

 

きみが自分で叶えられないものを携えて
きみの前に現れる人、
きみの望みを叶えるべく現れるものたち、

それがぼくの愛だ。

それがぼくの愛だときみは気付くだろうか?

 

きみは足りないものであることで完璧なんだ。
それを忘れないで。

 

足りないものを埋めようとする努力はするな。
埋めるのは、ぼくの愛、ぼくの贈り物だ。

ぼくの愛の余地を残しておくんだ。

 

きみがぼくと同じように全き完全で在ったら、

きみの周りのものには存在価値がなくなってしまう。

そんなつまらない人生をきみに与えるほど、

ぼくがきみを愛していないなどと考えるな。

ぼくの愛がきみの現実のすべてに、

余すことなく溢れていることを忘れるな。


だからいつもいつの時も、本当に望むものを求めろ。

100%自分を自分の愛で埋め尽くせ。

努力はそこでするんだ。 

 

好きでもないものを我慢するな。

やりたくないことに尽くすな。

そんなことをしている時間は、きみにはない。

 

自分を愛し、愛し、愛し、愛で満たし、

求めるものが何かをいつも明らかにして生きろ。

 

そうして内からも外からも、

ぼくの愛で満たされていることを

思い知るんだ。

 

 

 

きみを愛している