旅するタロティストTowa  悟りとTowa'sタロットで楽に生きる

人生の目覚めとタロットのお話 Towaはどこへ行く

本当のわたしを生きる 詳細版 ②

あ3. ハリボテの見る現実とは

 

さて、

ハリボテは、貼られたものによって固有のフィーリングを醸し出す。

単純に分けると、

「胸が縮こまる感じ」と、「胸が広がる感じ」だ。

 

わたしたちは、ハリボテが醸し出すフィーリング、

「胸が縮こまる感じ」か「胸が広がる感じ」を、現実で体験することになる。

拒否や拒絶、制止、否定、無力感などが醸し出す、胸が縮こまる感じ、

許可や受容、許し、容認、信頼などが醸し出す、胸が広がる感じ、

 

例えば

『頑張って作った計画書が採用されない』

ということが起こったとしよう。

 

そのときの現実の流れを追ってみると、

 

なんで? どうしてあれがダメなんだ? 

しっかり目を通してくれたのか? 

どこかミスでもあったのか? 

どこが悪いか教えてくれたら直すのに。

あんなに頑張ったのに。どうして――。

 

そして、がっくりと肩を落とし_| ̄|○

 

「ちくしょ~、やってらんね~」

「悔しい!」

「情けない!」

「やっぱり自分って能力ないんだ(無力感)」

 

などと思い、考えるだろう。

それはきっと「胸が縮こまる感じ」だ。

 

あなたは、

『計画書が採用されないという現実によって、

自分は「胸が縮こまる感じ」を感じている』

今まではそう考えてきたかもしれない。

 

でも、あなたはほんとうは、

頭の中の声からつかんで貼り付けた、

ハリボテが醸し出すフィーリングによって、

 

 ただの計画書が採用されないという、フラットな現実を、

「胸が縮こまる感じ」として体験してしまっただけなのだ。

 

 

無力な自分、情けない自分、能力のない自分、無力感という、

レッテルやラベルなどが貼られている、

ハリボテの目で現実を見たから、感じたということになる。

 

 

4. 現実を観ることでわかること、できること

 

ただ、計画書が採用されないという現実。

そこで体験されるフィーリングは、

ハリボテの醸し出すフィーリングが映し出された現実だ。 

 

現実を前に、感じているフィーリングに気付くことで、

自分がどんなハリボテになっているか、

ハリボテが、頭の中の声の、

何に強く意識を向けてつかんで貼り付けられたのか

次第に分かっていく。

 

あなたは、いつもそのフィーリングを、

そこはかとなく感じながら生きていたことを、思い出すかもしれない。

感じてみよう。

 

何度となく、似た感覚を現実で経験し続けてきてはいないか、

問いかけてみよう。

 

 

さて、ハリボテになったわたしたちの思考によって、

ただの現実が、「胸が縮こまる感じ」の現実になっているらしい。

 

それを知らずにいる間は、

 起こった現実に、また、ハリボテになったあなたで反応することになる。

それを癖と言う。思考の癖、ハリボテ的思考だ。

 

わたしたちは、生まれてこの方、

癖でハリボテになり、ハリボテの癖に従って生きてきた。

なぜ悩みある現実が続くのかというと、

それは悩みある現実をつかんで貼り付けた(癖)のままで

対処しようとするからだ。

 

今の「ハリボテのあなた」の思考のループを終了させることは、

今のハリボテのあなたにはできない。

 

今できることがあるとしたら、

◆ ハリボテだと知ること

◆ ハリボテを観ること

  ・ ハリボテのわたしを、客観的に観る 

    どんな頭の中の声をつかんでいるか 自分が何を考えているか意識する。

  ・ ハリボテのわたしを、充分に感じる

    頭の中の声に感じていることを感じ切る。 距離を置いて観る。

◆ ハリボテで反応していると気付くこと

◆ ハリボテを脱ぐために、この現実が見せてくれ、感じさせてくれ、

教えてくれているのだと知ること、

などだ。

 

 

客観的にハリボテのわたしを観ているとき、

そこにハリボテのわたしは居ない

 

客観的にハリボテのフィーリングを感じているとき、

そこにハリボテのわたしは居ない。

 

その感じを、頭ではなく、感じてみよう。

 

それを徹底的に続けるだけでも、ほんとうに現実はグッと生き易くなる。

 

 

 詳細版③へつづく