本当のわたしを生きる ④

最終的には「100%自分自身で在ること」――

 

100%わたし自身で在ることとは、
わたしがわたしを自然に100%表現できることだ。 

誰かを快適にする前に、「わたし」が第一。
わたしが快適でなければ誰も快適ではないと知ることだ。

自分より人を優先させることで、
優しさや思いやりを教えられてきた
わたしたちの思考は、
それはダメだろう、と言う。

世のため人のため、我慢しなさい。
そうすることで人の信頼を得られる、
褒められる、
賞賛を得られる。
好かれる。
そう教えられてきた。そうでない人もいるけれど。

 

けれど、その教えを実践したために、
わたしたちは自分を失い、
自信をなくし、
自分の心の声が聞こえなくなってしまったのだ
という事実を、もっと心に刻むことだ。

 

 これは、人にやさしくしたり譲ったりしてはいけない、
 と言っているのではない。
 自分が快適100%で在ることが、
 人への無償の優しさにつながるということだ。


たいせつなことは、
自分の本音をたいせつにすること、
自分の本音に嘘を吐かない、ことである。
思考がどれほど本音に嘘を吐かせているか、
誰もが気付くことができる。
しっかりと思考を見つめて、
思考の巧妙な嘘に気付いていくことがたいせつだ。

 

外に向かって表現するしないは、別として、
自分の本音を大切にすることだ。
自分の本音をたいせつにしている人は、
他人の本音も大切にできるし、
自分の本音に嘘を吐かない人は、
他人の本音にも嘘をつかせない。

 

本音をたいせつにし、

自分を最高に心地よくすることができる自信は、

本来の、満ちているあなたを思い出させてくれる。

 

そのあなたを軸に生きていると、

うるさい思考が、

いかにあなたを惑わしていたかが分かるようになる。

そして思考を相手にする必要など

無かったことに気付いてくる。

 

あなたは、現実をフラットに観るようになり、

ただ起こることが、

どんなに感動的で、感謝に満ちているかに気付いていく。