本当のわたしを生きる ③

1-2** 意識を変える

 

すべては起こり――

 

禅では、座禅によって自分の頭の中の声=思考が、
どのように現れては消えていくのかを内観する。
そして、その思考とそれが醸し出すフィーリングが
ただの「起こり」であって、
自分のものではないと明らめる。

すべては起こりということは、
わたしたちの身体そのものも起こりである。

これはわたしか? と問えるものは、
すべてわたしではない。

現れては消えていくものは「わたし」ではない。
わたしの中をただ流れていくものだ。

現実を体験した時に、
湧き上がる様々な『思考や感情』も、わたしたちではない。

すべて、わたしのものだ、と宣言したときに、
わたしと同化する。
(同化=わたしがこう感じる、わたしがこう考える、
 わたしが持っている、わたしが体験していると認識すること)

 

すべては起こりという考えは、
何を体験し、何を思い、何を考えて、どう感じようと、
それはたった今起こっているだけで、
やがては消えていくことを教えてくれる。

現実はただ起こるフラットなものだ。

 

悟りは、現実をただただ自分の事とせずに
見送るだけでいいと教えてくれる。

何もしないということではない。
現実や体験や問題に無あったとき、
それらに対して最適な行動が起こるに任せる、ということだ。

 

お茶をこぼしたら、拭くという行動が起こる。

お茶をこぼしたことに対して、
何かを考えたり――、 
 たとえば、
 ついてない、と考えるとか、
 どんくさい奴と否定するとか、

お茶をこぼしたことも起こりなら、
その考えも起こりだ。

拭くという行為も起こり。

ついてないということについて、グルグルと回り始める思考も起こり。

起こっていることに意識を向ける。
そしてそれを
決して、つかみ取らないことだ。

 

でも、
勝手に浮かんでくる『思考』をどうすればいいの? だろう。 

頭には、いつも
いろんな『思いや考えや感情』が浮かんできて、
考えたくないと思っていても、
つい考えていたり、いや~な思いも次々と押し寄せて、

去っていかないのだから。

 

そういうときこそ、意識して、
何を考えているかを観ることだ。

意識すると、考えていることとわたしの間に距離が生まれる。
思考と自分が分離されはじめる。
こんなことを考え、こんなフィーリングを感じている。
不快な感情は、あなたに起こっているのであって、
あなたが不快になっているのではないと、

それらを客観視するきっかけになる。

現実はただ起こっていて、意味はなく、
フラットだということを
思い出せる一瞬になる。

 

 

つづく