旅するタロティストTowa  悟りとTowa'sタロットで楽に生きる

人生の目覚めとタロットのお話 Towaはどこへ行く

本当のわたしを生きる ③

1-2** 意識を変える

 

すべては起こり――

 

禅では、座禅によって自分の頭の中の声=思考が、

どのように現れては消えていくのかを内観する。

そして、その思考とそれが醸し出すフィーリングが

ただの「起こり」であって、

自分のものではないと明らめる。

 

現れては消えていくものは「わたし」ではない。

わたしの中をただ流れていくものだ。

現実を体験した時に、

湧き上がる様々な『思考や感情』は、わたしたちではない。

掴んだとき=強く意識を向けたとき、わたしたちと同化する。

(同化=わたしがこう感じる、私がこう考えると認識すること。わたしのものとすること)

 

すべては起こりという考えは、

現実に何を思い、何を考えて、どう感じようと、

それはたった今起こっているだけで、

やがては消えていくことを教えてくれる。

 

現実はただ起こるフラットなものだ。

悟りは、現実をただただ自分の事とせずに

見送るだけでいいと教えてくれる。

同じことに意識を向け続ける癖が、

「思い込み」を生む。

「思い込み」が現実に意味を持たせる。

 

でも、

勝手に浮かんでくる『思考』をどうすればいいの? だろう。 

頭には、いつも

いろんな『思いや考えや感情』が浮かんできて、

考えたくないと思っていても、

つい考えていたり、いや~な思いも次々と押し寄せて、

去っていかないのだから。

 

そういうときこそ、意識して、

何を考えているかを観ることだ。

 

意識することで、思考との間に距離が生まれ、

すると、思考と自分が分離されはじめる。

今どんなフィーリングを見ているのだろうか、と

客観視するきっかけになる。

 

現実はただ起こっていて、意味はなく、

フラットだということを

思い出せる一瞬になる。

 

 

 

つづく