過去に生きる 記憶を生きる

f:id:towa-nakajyo:20181117175026j:plain


はあ……、とため息を吐くとき、

 

現実に浸ってる。

 

 

むっか~!! とするとき、

 

現実と取っ組み合っている。

 

 

おいおい、現実はそこにはないんだよ。

 

きみは、過去の記憶に

戦いを挑んでいるだけなんだ。

 

 

そうだった。

 

わたしがため息を吐く現実は、

わたしがムカッとする現実は、

 

過去の記憶が映し出しているだけ。

 

もちろん、現実として現象は起こっている。

 

でもね、現象は、ただ起こっているだけ。

 

「ため息を吐く」とか、

「ムカッとする」とか、

 

今、現実には、そんなことは起こっていない。

 

起こっているのは、

心の中にだけ、

 

それも記憶が、起こしているだけ。

 

 

「ため息を吐く」ような経験をした、

「ムカッとする」ような経験をした、

記憶があるだけ。

 

 

そういう意味で、

わたしは、過去を生きていた。

 

過去の記憶に反応して生きていた。

 

 

過去の出来事の記憶を真っ新にすれば、

 

でも、

そんな記憶喪失みたいになれないなら、

 

せめて、今ここで立ち止まって、

反応することを止めれば、

 

ううん、反応していることに気付くだけでも、

 

 

今起こっている現実は、

 

まったく違った形に見える。

 

 

まったくちがった現実にみえるんだよ。